スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タケシブログ。

昨日はとても暖かかったですね。

以前マッスルミュージカルで共演した事のある石田武さんが座長の劇団「EASTONES」の公演『幽霊ぷりん』を観て来ました。
!cid_01@100121_165014@__SH903iTV@docomo_ne.jpg


EASTONSの劇団員以外にも友人の吉浜愛梨(G-Rockets)も出演していました。

どんな話かというと
「ぷりん」を作った和菓子屋さんの話でした。

劇中に嫌というほど「ぷりん」が出てきて、しかも人形町に実在する和菓子屋さんの実在する「ぷりん(風鈴)」がモデルとなってるお話なので、その「ぷりん」が売っていました。

中村JAPAN屈指の甘い物好きの自分としては買わないという選択肢はありませんでした。

原材料は卵・砂糖・牛の乳・カラメル。

濃厚で美味しかった。

またもや食べ終わってから写真撮ってないと気付きました。


ぷりんの感想はこれくらいで。

舞台の内容はとても楽しめました。難しいストーリーではないので解りやすいし、テンポ感もよくて、1時間45分休憩無しでしたがあっという間でした。

普段、舞台や映画、大体何を見ても眠くなる自分が全く眠くならずに見終わりました。

もし興味ある人は22日までやってますよ!!


ところで、

「カフー」って言葉を知ってますか?

知ってる人も、知らない人も「カフーを待ちわびて」って映画を観て下さい!オススメです。

原作はもう読んだ事があり、映画も観たいって思っていました。

やっと観ました。

作者が沖縄の伊是名島に行った時に思いついたお話だそうです。

なぜその本に興味を持ったかというと、

その作者が伊是名島に行ったきっかけとなった宿に泊まった事があったからです。

しかもその宿を訪れてから伊是名島に行こうと予定を立てていて・・・

そんな時にその本の事を知ったのです。

そんな感じで思い出深い作品なので皆さんも是非観て下さい!!

映画みたら沖縄に行きたくなりました。


武子でした。
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。